FC2ブログ
こどもの心を守ろう!!ブログ
こどもを責めないでください。 そのことをきちんと教わっていないのですから。 親を責めないでください。 誰よりも苦しんでいるのですから。 教育、子育てを応援するブログ。

プロフィール

千葉孝司

Author:千葉孝司
ピンクシャツデーとかち実行委員会
発起人代表
十勝ライフスキル教育研究会代表
著書
教師力ハンドブックシリーズ「不登校指導入門」明治図書2014
「いじめは絶対ゆるさない 現場での対応から予防まで」学事出版 2013
「先生と親に贈る いじめ・不登校解決のメッセージ」学事出版2007
共著
教師力シリーズ「THE説得~生徒指導編」「THE説得~学級指導編」明治図書2015
メディア出演 TBSニュース23 等



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



不登校を防ぐ子育て2

不登校を防ぐ子育て第二条
「自分は素晴らしいという自信を与える」

前回は「世界が素晴らしいという価値観を与える」
世界が素晴らしくないのなら、そこに出ていく意味を見つけにくいから。

「こんな腐った世の中なら出て行っても仕方がない」
ひきこもった青年の中には、そう世の中を批判し続ける者も多くいる。
でも世の中に出ていけない自分を正当化しているだけで、本当は自分に自信がないのかもしれない。

世界が素晴らしくても、自分が素晴らしくないのなら、
気おくれして出ていくことが出来ない。

だから
自分は素晴らしいという自己イメージが大切だ。

自己イメージは
周りからかけられる言葉で形成される。

買い物の場面で幼児が「あれ買って」と駄々をこねる時、
「しつこい子だね(怒)」と言い続ければ、「自分はしつこい」という自己イメージが出来て、「潔くあきらめよう」という考えにつながってしまう。
ひょっとすると勉強などの苦手な場面で「潔くあきらめよう」という思考が働くかもしれない。

「粘り強いね。よっぽど欲しかったんだね。でも欲しい時に欲しいだけ買うことは出来ないんだよね。どうしたらいいか、家で一緒に考えようね。名案が浮かんだら買えるかもしれないよ(笑)」と言えば、「粘り強い」という自己イメージになるかもしれない。
苦手な場面でも「あなたは粘り強いんだから、もう少し粘ってみなさい」と親は言うことが出来る。

親が意識して素晴らしさを見つけ伝えていくことが大切だ。

スポンサーサイト




不登校を防ぐ子育て1

不登校を防ぐ子育て第一条
「世界は素晴らしいという価値観を与える」

もちろん手放しで、そう言える世の中ではない。
犯罪や事故等、危険なこともたくさんある。
知識として、身を守るために伝えなくてはならないこともある。
世の中には残念ながら悪人と呼ばれる人もいる。
しかしそれだけを伝えるのなら世の中の反面しか伝えていない。

世の中には素晴らしい人や
素晴らしい出来事はたくさんある。
そんな人々や出来事を子どもに伝えていこう。

家の外が危険や恐怖に満ちた世界なら
不安の強い子は外に出られなくなってしまう。

飛行機の墜落事故で亡くなる確率は
落雷事故で亡くなる確率より低いという。

たしかに飛行機事故のニュースは耳にする。
そのたびに、やはり世界は恐ろしいところだと不安になるかもしれない。
「ああ、やはり飛行機に乗らなくてよかった」と安堵するかもしれない。
しかし飛行機に乗ることのメリット、デメリット、危険性を
冷静に考えてみよう。
乗らないことによって失うものもあるはずだ。

だから
世界は素晴らしいということを伝えよう。
そして素晴らしい出会いが待っていることを伝えよう。




子育て応援ポエム

6570日


これは
生まれてから18歳になるまでの
日数

今が5歳なら
残りは
4745日

今が10歳なら
残りは
2920日

いつか訪れる
巣立ちの日

肩の荷の下りた安堵と
胸を痛める寂しさが
ひっそりと
交錯する

やがて訪れる
そのせつない日

数えきれないほど
笑わせてもらって
天使のような笑顔になれた

数えきれないほど
腹を立てて
鬼のような形相の時もあった

そんな日は
二度と戻ってこない

だから今
惜しみなく耳を傾けよう
子どもの心がわかるまで

だから今
惜しみなく抱きしめよう
あなたの心が伝わるまで

子どもを愛していたつもりでも
愛されていたのは
あなた自身だ